文教大学広報マーケティング室の広報プランナーが毎回、キャンパスの研究室等を訪ね、そこの教職員の専門分野や研究テーマを伺いながら、その方の人柄を中心に紹介します。またその名の通り物々交換もします。


by bunkyo_warashibe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
意外と知られていないかも知れませんが、文教大学情報学部広報学科には、美術大学を出た教員が3名もおり、デザインや視覚表現も学ぶことができます。今日は、そんな美術系の教員の一人、村井睦准教授に、デザイナーを志したきっかけや、美大と情報学部広報学科との違いなどについてお話を伺いました。


c0223443_1023257.jpg
 村井 睦 准教授
 (むらい まこと)


 【所 属】  情報学部 広報学科

 【専門領域】 視覚伝達表現




◎デザイナーになったきっかけとは?

018.gif 専門分野について教えてください。

「少し難しい言葉かも知れませんが、『視覚伝達表現』です。また『デザイン』のほか、ウェブなどの『インタラクティブメディア』などを専門としています。」


017.gif デザイナーになろうとしたきっかけを教えてください。

「高校時代に車に大変興味があり、『車のデザインをやりたい』と思ったのがきっかけです。
当時、車のデザインができる工業デザインが学べる大学は、数少なく、日産のBe-1をデザインした先生がいる東京造形大学に進みました。しかし、入ってみてわかったのですが、ひとつの車種のデザインを市場調査などプランニングからモデルチェンジまで入れると1つのサイクルが完結するのに8年もかかるのですね。『これは自分にはとてもできない』と思って、工業デザインのなかでもパソコンや、家電製品などを学ぶことにしました。」



025.gif 大学を卒業した後はどうされたのですか。

「就職活動は、工業デザインができるいくつかのメーカーやデザイン会社などを回り、数社から内定をもらいました。勤務条件がよい大手のメーカーからもお声かけいただいたのですが、結局、おしゃれな街で働けることに魅かれて代官山にあるデザイン会社に決めました。(笑)
そこでは、3次元(3D)画像処理の分野を築き上げたシリコングラフィックス社のワークステーションなどを使い仕事をしていました。一線の実社会で仕事をしながら、いくつかの大学からも声をかけていただき、グラフィックデザインの助手や非常勤講師として教えていました。その後、2007年に文教大学情報学部広報学科の専任講師に就任しました。」



◎「新メディアでの表現」が現在のテーマ

039.gif 情報学部広報学科では、どんな科目を担当されているのですか。

「情報表現の科目では、『Webデザイン』『バーチャル映像』のほか、グラフィックデザインの基礎『デザインⅠ』などです。講義モノでは、『インタラクティブメディア論』などを担当しています。」


027.gif 最近特に力をいれている研究テーマはどのようなものですか。

「既存のメディアに留まらない『新しいメディア』での表現について研究しています。具体的には、インタラクティブメディア、喫緊のテーマはSNSの研究です。かつて90年代にインターネットが出てきたときに、紙媒体はなくなるって言われていたが結局そうはならなかった。しかし、ここ数年のSNSの普及は、特に若者のメディア接触を変えてしまうインパクトがあり、新聞や雑誌などの紙媒体への接触は確実に減ってきています。そうした変化のなかで、SNSなどでの表現がどのように変化しているのかを研究しています。技術の進歩がきわめて速く、毎年、講義内容はほぼ全部変わっているほどです。」


◎情報学部広報学科と美術大学の違いとは?

036.gif ところで、情報学部広報学科で教えてみて、どのようなことを感じていますか。

「美術大学で非常勤講師として教えていた事がありますが、美大の学生は、何かテーマを与えて作品の課題を出すと、求められているものの『倍のレベル』のものを出してきます。つまり、表現能力が非常に高いのです。一方で、広報学科の学生は、表現能力も一定レベル以上こなしますが、それだけでなく、問題を整理して、企画し、表現したものをプレゼンテーションする力があります。情報学部では、そういう全体的なバランス能力を高める教育をしていることもあるのですが、そこが美大生との違いですね。美大生は、表現に命をかけて、人に説明することまでは考えていない人が多い(笑)。」


c0223443_10381321.jpg 013.gif 広報学科の学生も表現能力が一定レベル以上あるとおっしゃいましたが、具体的には、どういうことができるのですか。

「授業では、グラフィックデザインソフトの『イラストレーター』や『フォトショップ』のDTP技術などを一通りできるようにします。3Dソフトやコンピュータ音楽などの授業もありますし、インターネットのホームページ制作もできるようになります。映像ソフトや放送番組の制作授業もあり、守備範囲が非常に幅広いのですね。広報学科では、こうした技術を習得することを『手』の学びといっており、メディアの特性などの理論的な『頭』での学びとともに重視しています。」


034.gif 実社会では、メディアの特性や社会の動きを押さえつつ、「表現」までできる総合的なバランスのある人材が求められていると思いますが、その意味では、広報学科の学生は、時代が求める能力を備えていると言えそうですね。

「私もそう思います。広報学科の学生は、そういう長所をもっと自覚していいと思います。」


◎お宝は何ですか?

c0223443_10411659.jpg 012.gif お宝をみせていただけますか。

第81回アカデミー短編アニメ賞をとった『つみきのいえ』をご存知ですか。この作品の加藤久仁生(かとうくにお)監督は、多摩美術大学時代に片山雅博先生から指導を受けたのですが、その片山先生からいただいたお手紙が宝物です。2009年12月に、文教大学の授業に外部講師としてお越しいただいてお話いただいたときにいただいたものです。普通、こちらがお呼びした授業でお話していただいたのだから、お礼状はお呼びしたほうが出すものでしょう?しかし、先生は、こうしたイラストとともに講義したときの文教大学の学生の表情についてコメントを寄せてくれている。『文教大学万歳、学生の目が生き生きしていましたよ』。自分の所属大学以外の学生に対しても、温かいまなざしを向けられる、すばらしい先生でした。しかし、惜しくも昨年、56歳という若さで亡くなられました。」


◎恒例、わらしべの交換です。

c0223443_1043576.jpg教育学部 石井勉先生からの「珊瑚」と「貝殻」です。

沖縄の「粟国島(あぐにじま)」のものだそうです。


「きれいですね。ありがとうございます。」


c0223443_10484873.jpg

「私からは、こちらです。

私の妻はイラストレーターをしているのですが、その妻が制作した2012年度カレンダーです。」





c0223443_10505786.jpg「そのほかに、昨年、国際学部と共同でつくった『Niseko-ism』インバウンド観光の今-というDVDと2010年の情報学部創設30周年記念事業DVDです。いずれも、私が制作に関わりました。そのほかに、2010年度の私のゼミナール卒業研究作品集のほか、2009年度情報学部卒業制作作品集(DVD)です。情報学部の取り組みを知るにはとてもいい材料だと思います。」


村井先生、ありがとうございました。


さあ、このカレンダーがどんなものに化けるか乞うご期待。
[PR]
# by bunkyo_warashibe | 2012-04-27 10:54 | 情報学部